分からないからコミュニケーションを大事にする

塾や家庭教師による教育法は主流ですが、問題が解けない、分からないと言う子供がいたとして、それは一から十まで全てを理解できていないということではありません。
正解でも自信がない、間違えると恥ずかしいから分からないフリをする、さらに年齢が低い場合には、なんとなく予想できても言葉にできないこともあります。
プレッシャーを抱えるのは、教師を含めて、大人という教育者に対してです。
しかし家族という立場でならば、誤魔化す部分も不要、すんなり言葉にしてくれます。
コミュニケーションが必要と言われるのは、こうした内容が絡むからです。
もちろん、子供の中にも、どうしてこの答えになったのかと問えば、偶然解けただけと言い、話を切り上げる姿勢をとることもあります。
昔より難しくなっているなど、親から弱さを見せると、先生という立場でやり方を教えてくれることもあります。
ポイントは、自分の知っていることを人に教えることで、現役学生をアルバイトとして家庭教師に雇う理由も、年齢的にお兄さんやお姉さんとして関係が築きやすいことも挙げられています。

sub置換

最新投稿