スキマ時間が集中できる時間となる

子供の教育において、あれやこれやと習い事をさせる親は少なくありません。
ですが、ムリをして1時間の勉強時間を捻出したとして、ダラダラと時間が過ぎたり、ただこなしているだけで終わり、大半は三日坊主です。
集中していなければ意味は薄くなり、教育費さえも無駄になります。
今、話題となる教育法の1つが、スキマ教育です。
例えば、バスや電車を待つ間、乗ってからの間、たった数分でも暗記や簡単な問題を一問解くには有効的な使い方です。
たくさんやる、難しい問題を解く、こうした内容は子供のモチベーションが下がりやすく、三日坊主になる理由です。
難問は、三日おき、簡単な問題を毎日が家庭内でのベースです。
難問こそ、学校や塾などで強化すべきで、家庭ではサボり癖をつけないことが大事になります。
ですが気をつけたいのは、習慣づけるにも気持ちを無視できない点です。
休める日、リフレッシュできる友達との遊び、ゲームなどの時間を設けることも大事です。

sub置換

最新投稿