高まる英語教育の重要性に関して

日本を訪れる外国人観光客が、過去最高を更新し続けています。
経済的な効果は抜群ですが、懸念されているのが人手不足ではないでしょうか。
とりわけ深刻なのが、英語を話せるスタッフの確保です。
ホテルや外食産業においては、英語を話せることが大きなアドバンテージになります。
就職や転職にも有利ですし、英語を学ぶ重要性が増していると言えます。
小学校の英語教育が大きく変わっていますが、なるべく小さい頃から英語に触れることで、コンプレックスを感じることがなくなります。
中学や高校でも英語に本腰を入れて学べば、海外留学をしなくても流暢に話せるのではないでしょうか。
外国人講師の数も増えていますし、ネイティブな発音に慣れておくと、自然に聞き取れるのではないでしょうか。
英会話教室も右肩上がりに増えていますし、学びの多様性が広がりを見せています。
国際化の流れには逆らえませんし、日本も遅れる訳にはいきません。
存在感を示すべきです。

sub置換

最新投稿