日本における教育と研究者教育の現状

少子化が進行する中、理論上は大学への全入時代になっています。
どの大学も優秀な人材を確保するために、色々と工夫を行っています。
卒業生がいい企業に就職することで、さらに志願者を呼び込むプラスの循環を呼び込むためです。
アクティブラーニングの導入などを実施していますが、やはり素材がよければ実績につながる可能性が大です。
大学のセールスポイントはどうしても出口、卒業後の進路にあります。
一方で、研究者の道を選択する学生も減ってきています。
大学における研究費が減っている中、研究者としてのポジションを得ることが非常に難しくなっています。
いわゆるポスドクでは安定した生活が保証されませんし、仮に研究者になったとしても、流動性を高めるとの目的のもと、任期制が取られています。
研究者になっても、成果を上げなければ、人生設計を描くことができません。
しかし、研究者教育を行わなければ、日本の技術力を支える基盤が手薄くなり、日本の国力の低下を招きかねません。
研究力を維持するためにも研究者教育に力を入れる必要があります。

sub置換

最新投稿