教育費と少子化解消との間にある壁

2人の子供を私立大学まで卒業させた姉によると、新築の一戸建てが楽に買えるほどの教育費がかかったといいます。
子供の教育費を最優先し、家の修繕が必要になっても最低限でお願いしますというのが、工務店に頼むときの一番の条件だったというのですから、子供を育て上げるというのがいかに大変かということがわかります。
自分自身は子供を持たないこともあって、老後の不安をできるだけ解消したいと若いうちから年金型の貯蓄をしてきました。
それでもこれで足りるだろうかという不安がいつもつきまとい、貯金通帳の数字が増えれば増えるほどもっと必要なのではという思いにとらわれますが、人間の心理というのはそういうものなのだそうです。
それを解消するには子供を増やし、年金制度がよりしっかりすることだといいます。
けれど、その前に立ちはだかるのが教育費というお金の負担です。
これをどうにかしないことには、子供が増えないのも無理はないと実際に子育てをした人の声から感じますが、解消できない難題であることは容易に想像できます。

sub置換

最新投稿