外だけではない体を使う遊びを教える

幼児教育では、算数や英語などの頭を使うだけではなく、体を使うことも知られています。
塾や習い事、今では0才からも何かしらを教わる時代です。
体遊びもまたその1つ、スポーツ教育者の中には、子どもの成長には公園や野山、アクティブな遊びが欠かせないと指摘しています。
ですが、現在、遊具の数も減り、ボール遊びや大声や騒音の禁止事項さえも増えているのが実状です。
動植物の採取が難しくとも、写真に撮ることは可能で、自然の中にも幼児教育に繋がる規制緩和の事柄は多数あります。
カメラもキッズ用のおもちゃで、体勢を変えたりしながら写真を撮ることで体遊びに繋げます。
もちろん、体遊びは室内でも可能です。
ボール遊びもボールプールが設けられていますし、騒音では建物の構造で改善させています。
成長と一口に言っても、筋肉や骨の発達、五感といわれる感覚器官などの色々な面があるので、室内外、バランスよく遊びから様々なことを教えることは大事です。

sub置換

最新投稿